雑用も気持ちの持ちよう次第【名簿作りをした】

こんにちは、トリ子 (@kokeko101) です。

 

 

来年度から大学内でアルバイトをすることになっていまして、今月からたまにお手伝いに行っています。

 

メインの仕事は4月からで、今は仕事の様子を観察することと軽い雑用をしています。

 

名簿作りも悪くない

私がこの前したことは、新年度でアルバイトのメンバーが入れ替わるため、新しい名簿を作ることでした。

 

大体10人分。

 

このくらいだと、作っていて名前を覚えられることに気づきました。読み方もわかる(こともある)し、名前の漢字がわかるのが良いですね。

 

中高時代に人の漢字が書けたのは、プリントを配りまくっていたからかもしれません。人の名前を覚えるのはぶっちゃけ苦手ですが、こうして目につく機会が増えれば覚えることができそうです。

 

さらに名簿作りの良いところは、みんなの名前が一覧で見られること。全体把握は大事。

 

ーーー

 

そういえば昨年研究室内でも頼まれて名簿を作りました。

 

そのときもやっぱり、名前の字を覚えられたのが良かったなあ。

 

みんな「××さん」って呼ぶから誰かは認識できるのだけど、フルネームがわからなかったり、漢字がわからなかったりします。

 

文字が好きなのかもしれません。

 

 

去年作って形はできているので、来年度の名簿作りも引き受けようかな。4年生の名前がちっとも覚えられそうにないからです(笑)

 

 

雑用も悪くない

Twitterでビジネス系の人々を見ることもあって、彼らは「雑用は無駄」論をひたすら展開しているのですが、個人的にはありかなあと思っています。限度はあるけどね。

 

必要なことだと思っていることって、あくまでも「自分にとって必要」というか、自分が必要だと判断したものなのであって、視野が狭くなりそうな気もしてます。

 

でも名簿作りはたぶん雑用ですねw仕事なのでやっておきます。将来自分が上に立ったら秘書に任せるようにしたら良いんだなとわかったので良いです。ハイ。

 

 

雑用はほどほどに

私が研究室で雑用を押しつけられる(←言い方)はほぼないですし、当の本人が雑用だと思わないことの方が多いので困っていないのですが(息抜きだーくらいに思っている)、「雑用は適当に断るように」と指導教員に指導されております。

 

雑用をいつも受けていると雑用がどんどん回ってくるそうな。

 

恐ろしい。気をつけます。

 

でも誰かがその雑用やってるんよね。雑用ごとなくなればいいのにね。私にとって雑用でも、誰かにとっては雑用じゃないのかもしれないな。

 

 

ゆるい日記をつけていきます

日々過ごしているといろんな発見や考えが出てくるので、ブログを書く習慣をつけるためにも、多少日記ちっくですが試験的にこういうゆる記事も書いていこうと思います。

 

研究室にいる学生ってこんな感じなんだーと少し身近に感じていただけたら嬉しいです。

 

何か聞きたいことがあれば質問箱に投げていただくとお答えするかもしれません。

 

 

それではまた^^