2019年もESダイアリー!超オススメなので語ってみた

こんにちは、トリ子 (@kokeko101) です。

2018年も残り2か月を切り、来年の手帳を考えている人も多いのではないでしょうか?

 

私は2019年も引き続き、ESダイアリー という手帳を使うことにしました。

個人的にイチオシなこの手帳をもっとみなさんに知ってもらいたいです!

プロのこだわりがぎゅぎゅっとつまってる

ESダイアリーは、公式サイトにもあるように中身にこだわって作られています。

毎日つかうものだから、中身にこだわって作ったダイアリーです。

職人の製本で、どのページも180度に開きます。

選りすぐりの用紙は、どんな筆記用具でも相性が良く、にじみや裏うつりもほとんどありません。

印刷の色やフォント、レイアウトデザインは、

エイ出版社発行のほとんどの雑誌や書籍のデザインを担当する

デザインクリエーター集団「PEACS」が担当しました。

引用元:ESダイアリー2019公式サイト

普段使っていると自覚はないんですが、こういういろいろなこだわりが私の快適な手帳ライフを作っているのでしょうね。

 

ESダイアリーを見てみると

とはいえ、実際に選ぶときには「まず見た目」という方も多いと思うので、まずは見た目をご紹介します。

 

シンプル×おしゃれな外見

中身重視の手帳とのことですが、外見のロゴとシンプルさが好きです。

昔ながらの手帳よりもおしゃれだと思います。

(左が2019年のもの、右が現在使っている2018年のもの。リピートです。)

とはいえかなりシンプルで、ビジネスライクな印象が強いです。

シンプルが好きな人や、ビジネスでも使う人にはおすすめです。

 

素敵なフォント

私がESダイアリーを推す大きな理由の1つがフォントです。

  

(シールは自分で貼りました。シンプルだから映えます)

読みやすくて、なんかかわいくて、おしゃれ。

カッパープレートというフォントを主に採用しているんだとか。

 

この独特のフォントが落ち着きます。

 

サイズ・レイアウト

ESダイアリーにはいくつかレイアウトがあります。私が使っているのはB6のレフト式

  

正直、レフトタイプのレイアウトはそこまで特徴的ではない気もします。

この中で気に入っているポイントは

<マンスリーページ>

  • TO DOリストがある
  • 余白が適度にある

<ウィークリーページ>

  • 時間表記があり、バーチカルとしても使える
  • 右ページが薄い5mm方眼になっていて、メモが書きやすい

なんですが、このくらいだと他の手帳でも探せばありそうですね。

 

その他のレイアウトには、

  • 見開き1週間式
  • バーチカル+メモ式
  • バーチカル式
  • 見開き1か月+ノート式
  • ウィークリーノート式
  • 1日1ページ式

があって、サイズはB5・A5・B6・A6があります(タイプによってないものもある)。

このうち面白いなーと思っているのがウィークリーノート式です。


画像元:ESダイアリー2019公式サイト


 

すごく自由で、楽しそうなレイアウト!

いつか使いたいなー、とひそかに考えています。

 

マンスリーとウィークリーの並びですが、マンスリーだけまとめて→ウィークリーになっています。1月ことにマンスリー→ウィークリー、ではないです。これはたぶん好みが分かれるところで、私はこっちのタイプが好きです。

 

その他のポイント

しおりがデフォルトで2本ついています。

メモページ、巻末付録あり。中身の詳細は公式サイトに詳しく載っています。

ESダイアリー2020【1月始まり】|職人の製本、クリエイター集団によるデザイン手帳
文具専門誌「趣味の文具箱」を発行するエイ出版社がお届けする手帳・スケジュール帳「ES ダイアリー2020」が登場!どんな筆記用具でも相性が良く、にじみや裏うつりもほとんどない用紙、180度開くページ、印刷の色やフォント、レイアウトデザインも美しい。毎日つかうものだから、中身にこだわって作ったダイアリーです。

 

ESダイアリーを使ってみると

私は今年1年、ESダイアリーを使ってきました。使ってみて自分なりに感じた点について紹介します。

 

書きやすい

紙質が良いことは見ても触ってもわかるのですが、実際に使ってみるとよくわかります。

本文用紙は王子製紙の上質紙「OK シュークリーム」。目にやさしく、記入した後も見やすいクリーム色です。

おいしそうな名前だしすごく書きやすいです。

万年筆ユーザーではないのでインクの裏抜けに関して詳細はわかりかねますが、自分がこれまで使ったペンで大きな裏抜けはしていません。

 

それとクリーム色というのが、まぶしすぎなくて結構良いです。

一度使うと真っ白の手帳に戻れないですよ!

 

1年経ったけどまだ全然きれい

先ほども紹介しましたが、今年の手帳(右)と来年の手帳(左)を並べたものです。

色のせいかもしれませんが、1年使ってもめちゃ状態が良いなと思いました。

私は手帳に予定だけでなく考えをメモしているので、わりと頻繁に手帳を出し入れしているのに、です。

 

これまで使っていたかわいい系の手帳は汚れたり、折れたり、カバーがずれてきたりすることがよくありました。この手帳に関してはそれがない。プチストレスがなくなって、良い感じです。

 

11月から使える

1月始まりの手帳は、前年の12月がお情け程度に入っていることが多いですが、ESダイアリーは、マンスリーもウィークリーも11月から使えます。特にウィークリーが11月から入っているのは珍しいと思いました。

 

2018年は、そのことを知らず1月に買ったので、11月と12月が無駄になりそうでした。結構なページがあるので、試しにそこに自分の目標など見返したいことを書いたら、すごく良かったです!

2019年は、2018年11月時点ですでに購入済なのですぐに使っても良いのですが、今年と同じように目標や考えたことを書くページとして使いたいなと考えています。

 

少量のメモならメモページがあるので、普通に11月から使っても良いと思います。

新しい手帳、買ったらすぐに使いたいですよね?それができるのがESダイアリーです。

(私の更新が遅くて、もう11月中旬になってしまっていますが・・・)

 

薄い方眼が書きやすく、見やすい

はっきりした線のノートに書くのが最近好きではなくて、無地や方眼を使うことが多いです。

ESダイアリーのメモ部分は薄い方眼なので、邪魔しすぎず文字をそろえることができるので重宝しています。

 

予定を直したり、恥ずかしいと消すこともあってシャーペンで8割くらい書いていますが、見やすいですよ。

 

路線図が詳しい

電車によく乗る方なのと、人と会話して駅名が出てきたときによく路線図を見ます。(私だけかも)

 

ESダイアリーの路線図は、今まで私が使ってきた中ではかなり広範囲をカバーしていると感じます。地元が神奈川なので、もう少し欲しいなと思うことが多かったんです(笑)

 

都内在住なので他の地域がどうかわかりませんが、

  • 首都圏鉄道路線図
  • 東京地下鉄路線図
  • 近畿圏鉄道路線図
  • 大阪/名古屋/札幌/仙台/横浜/京都/神戸/福岡の各地下鉄路線図

は載っています。変な情報を載せるより、個人的にはすごくいいです。

 

改善してほしいところ

基本的には満足しているのですが、改善してほしいところもいくつかあります。

 

売っているところが少ない

ネットで買えばいいじゃん!という話ですが、手帳は1年使うもの、リピートでないなら一度は現物を見たいと考える人が多いでしょう。

 

私が本屋さんや文房具屋さんを覗いた感覚では、売っているお店が少なめな印象です。大きめの本屋さんか・文房具屋さんか、大きめの東急ハンズ・ロフトなんかには置いてあると思います。地元の本屋さんは全滅でした。

 

Amazonでは限定色で白を取り扱っているので、白がいいという人はAmazonで。

通販だと、無料で名入れをしてくれるお店もあります。私も来年はそうしようかな。

 

月曜始まりしかない

これは慣れだと思いますが、月曜始まりしかありません。日曜始まりでないと困る!という人はオススメしません。

 

自分も慣れてきたつもりでいますが、壁に貼ってあるカレンダーと見比べるときによく間違えます

それから、時間のある日曜日に新しいページでいろいろ書きたいなと思うことも。これは見方次第では日曜に週の反省を書くことができるということなので、使い方を模索中です。

 

かわいい色がない

女子にはわりと重要な問題だと思います。

2019年は、ネイビー(といってもほとんど黒に近い)・グレー・ピンク・ブルーの4色展開です。去年はオレンジとかもあった気がします。あとは先ほど言ったように、Amazon限定でホワイトも何種類か取り扱いがあります。

 

このピンク、結構どぎついですよね・・・前回も迷って、結局やめました。写真では見にくいのですが、ピンクと青は立体的な模様になっていてそこもあまり好みではないです。


 

画像元:ESダイアリー2019公式サイト


 

今年は地味だなあと思いながらも中身が気に入り、ネイビーを使っていました。来年は新色のグレーです。

 

もう少しかわいい色味が増えたらいいですね!(淡色は汚れやすいけど・・・)

見た目が地味で、ちょっと損をしているような気がします。私が手帳を買いに行ったときも、ESダイアリーのコーナーにはあまり人がいなかった(笑) かわいいものが好きな女性目線でいうと、ESダイアリーの見た目はナシですね。

外が気にならなければ、中のフォントは丸っこくてかわいいですし、好きなシールを貼って自分好みにすることもできます。シンプルかつ方眼なので、バレットジャーナルのベースにもいいかも。

 

はじめにも言いましたが、現状はシンプルが好きな人と仕事で使う人、それに加えてメンズのみなさんにはめちゃオススメ。

 

ESダイアリーの前はEDiTという手帳を使っていまして、こちらはかわいいカバーが結構あります。

こんな感じのを使ってました。やっぱりかわいいなあ。

EDiT(エディット)手帳 2020|人生を「エディット」しよう。
日本文具大賞受賞、株式会社マークスの手帳・ノートブランド EDiT(エディット)のサイト。2020年版手帳のご紹介。2020年12月・1月始まりは、1日1ページ手帳、週間ノート手帳、週間バーチカル手帳、週末重視の月間手帳の4フォーマットと豊富なカバーが揃っています。

 

月末の予定が書きにくい月がある

ESダイアリーのマンスリーは5週に固定されています。なのでたまに30日・31日あたりがはみ出してしまう月があります。そのとき、23日・24日と同じマスに無理やり押し込められてます。壁掛けカレンダーでよくなっているやつですね。今回だと、2018年12月、2019年9月と12月がそうなっています。

私はB6を使っているので、大して予定はないけどかなり書きにくく感じます。B5やA5など大きいサイズでは、このようなことは起こっていないかもしれないですが、頭に留めておいてください。

 

まずは一度見てみてほしい!

長々とESダイアリーについて紹介してきました。

とにかく「良いんだけど、地味」なんだと思うので(製作者の方ゴメンナサイ)、手帳に迷っている方やシンプルなものが好きな方にはぜひ一度見てみてほしいなと思います!

 

ちなみに、私がこの手帳を選んだ理由ベスト3は

  1. フォント
  2. 路線図
  3. 方眼

です。外見も地味ではあるけれど、シンプルだし持っていて恥ずかしくなく、何より飽きないですね。路線図も私には大事(笑)

この手帳使っている人がいたらいろいろお話したいです^^

 

みなさんもESダイアリーと共に手帳ライフを楽しみましょ~!