自分の価値の見つけ方

こんにちは、トリ子 (@kokeko101) です。

 

Twitterを見ていたらこんなツイートを見つけました。

 

自分の価値の見つけ方ってどうやったら見つかりますか?

ツイート主は私の1つ下の学生さん。

 

周りがすごく見えること、あるある

他にも彼のツイートを見ていくと、こんなことをつぶやいています。

 

私が特に共感したのは、この部分。

特に何も成し遂げてきてない気がする。

僕がフォローしている人たちも何か成し遂げた経験のある方がとても多いし。

何もない僕に発信できることがあるのか?

Twitterにはいろんな人がいますよね。特に、ブログを仕事にしようとか起業しようとかいう人たちを見ると、結構いろんな経歴を書いています。

 

彼らはやりたいことが比較的明確で、それに向かって進んでいるようです。「自分はこれ!」っていうものを端的に言えているんですよね。小中学生でも、はっきり夢を持っている人もいます。

 

そんな人をたくさん見てしまうと、「自分は何もない」と感じてしまいがちです。私もそうです。

でも最近、こうすれば自分が見つかるんじゃないかなと思うことがあったので、紹介しますね。

 

※この記事では、元ツイートに合わせて「自分の価値」という言葉を使っていますが

  • 自分の得意分野
  • 自分の強み

と同じものとしてとらえていただければと思います。

 

物事をとらえる4分類

物事を「好き・嫌い」と「得意・苦手」で分けると4つのエリアに分かれます。

  1. 好き・得意 なこと
  2. 好き・苦手 なこと
  3. 嫌い・得意 なこと
  4. 嫌い・苦手 なこと

お金を稼ぐための自分の価値探しとなると、さらに需要と供給のことなんかも考えていく必要がありそうです。

ただ需要と供給は日々変動しますので、まず「自分の価値を見つける」だけならひとまず考えなくて良いと思います。「この分野は稼げるか?」という視点が入ってしまい、周りをうかがわないといけなくなるからです。

 

自分の価値に悩んでいる人は(自分も含めて)周りをうかがいすぎて身動きがとれなくなりがちなので、まず「自分の気持ちに正直になる」ことを大切にして価値を見つけるべきだと思います。

 

① 好き・得意 なこと

ここに分類されたことで生きていけたら、楽しい気がします。なんたって、自分が好きなことな上に得意なんですからね。自分の強みにする第一候補になると思います。

ただビジネスにすることかどうかは、少し考えた方がいいですね。お金が絡んで少しでも義務を感じた瞬間に嫌いなことになってしまう可能性もあります。

 

② 好き・苦手 なこと

好きだけど苦手(特に得意でもない、才能があるか微妙)なことです。

ここに分類されたものは趣味と割り切って楽しむか、苦手を克服して①のゾーンにもっていくか、になると思います。

 

③ 嫌い・得意 なこと

ここに分類されるのは、嫌いだ(=別に好きではない)けれど、人よりできることです。

自分が気づいていない才能で、①に変わる可能性があるので、嫌いだからとすぐに避けずに見てみると良いです。

 

④ 嫌い・苦手 なこと

嫌いだし苦手なことは、基本的に放置で良いと思います。

食わず嫌いで「はじめからできない」と決めつけているだけなら、一度はやってみる価値があるかも。

 

自分の価値の見つけ方

自分の価値として推していくのは、①の部分。ここを探すにはどうしたら良いのでしょうか?

やりたいことを積み重ねていく

私がおすすめしたいのが、「やりたいことを積み重ねていく」ということ。

先ほどの4分類でいうと、「好き」の部分をいろいろやっていくということになります。

 

やりたくないことを続けられるほど人間は強くないし、自分の価値にするからには、やりたくないことで勝てるほど甘くないと思います。

夢がないという人も、

  • 今夜はあれが食べたいな
  • 今度の土日はここに行きたいな
  • Twitterのあの人に会ってみたい

など、「小さな」やりたいことなら見つけられるのではないでしょうか?

 

こうした小さなやりたいことを積み重ねていくうちに、自分の得意なことを活かせ、かつ夢につながる大きなやりたいことが見つかると思います。

 

そもそも、今自分がすごいなと思っている人たちも、なんらかのきっかけがあって夢をもったり、その分野を勉強して得意になったはずです。そういう人たちに近づきたいのなら、自分もそのきっかけを見つけるために何か始める必要があるでしょう。そのひとつとして「やりたいことの積み重ね」を提案します。

 

このとき、一緒にやったほうがいいことは

  1. アウトプット
  2. 人の視点を借りる

の2つです。順番に説明します。

① アウトプットが大切

やりたいことをただやるだけでは忘れてしまいます。

  • ブログに書く
  • TwitterなどSNSで発信する
  • ノートにまとめる

どんな方法でもいいので必ずアウトプットしましょう。頭が整理されるし、新しいひらめきが思い浮かぶと思います。

 

アウトプットする内容は大きく分けて2つあります。

 

ひとつは、やりたいことの積み重ねに関係しますが「やりたいことをやってみた関連のこと」

  • 前々から作りたかった○○を手作りしてみたらスーパーの総菜よりおいしくできた
  • 大学に行きたくなくて休んで××してみたら△△だと思った
  • □□してみたけど、想像していたのと違った

やりたいことをちゃんとやれているという記録になり、自己肯定感も高められます。

 

もうひとつは「やりたいことに関わらず、気づいたことや考えたこと」

  • 最近青い服ばかり着ている気がする
  • 先輩の××なところが素敵だと思った

本の感想とかでもいいです。こちらは物事が①~④のどれなのか見つけるのに有効です。

  • 無意識のうちに考えていたこと
  • 考え方の癖

が見つかると思います。③→①にできるヒントも見つかるかも。

 

この2つを記録して、自分のことをもっとよく知りましょう!

 

② 人の力を借りる

先ほど、周りをうかがいすぎると動けなくなると書きました。

それは行動する「前」についてです

 

自分のやりたいことや、無意識で行動した「後」については、むしろ積極的に意見交換するべきだと思います。

自分にはない視点からの意見は貴重です。気づいていないだけで、周りは自分の強みが見えているかもしれません。自分の何が特殊なのかは、自分を客観的に見られる他人しかわからないからです。

 

他人を監視ツール(例えば「毎日ブログを更新する!」の見張り役とか)として利用したり、一緒にがんばる仲間を作るのもいいですね。

 

自分のことが見え始めたら、きちんと認めてあげよう

自分の価値が見つかっても、それを認められなければ意味がありません。

 

周りがすごく見える人は、基本的に人と比べがちで自信がない人です(自分もそうなので、人のことは言えない・・・)。根本的にこの考え方を改善しないと、いつまで経っても解決しません

 

「自分はこれが好きだし得意だけど、もっとすごい人がいるんだろうな」と考えてしまうからです。

 

もっとすごい人はたぶんいます。でもそんな気持ちでいたら、誰もついてきてくれない。そのもっとすごい人のところにいけばいいからです。

 

自分と同じ人はいません。だから自分が楽しんで、光っていれば必ず輝くと思うのです

 

さいごに

自分の価値をどう見つけたらいいかについて書きました。

今回はひとまず、それで食べていけるか(稼げるか)は別にしてます。自分の価値について悩んでいる人は、まずお金のことは抜きにして、自分を理解することが大切だと考えます。

 

自分に自信が持てない人は多いですが、何かしら個性があるはずです。

その見つけ方として、やりたいことを次々やってみることを紹介しました。同時にアウトプットをして、周りと意見交換(これもアウトプットですね)することで、自分の考え方・価値観がはっきりし、自分らしさを活かした夢や目標が出てくるのではないかなと思います。

 

私もまだまだ試行錯誤の段階ですが、何かのヒントになれば幸いです^^

 

お読みくださり、ありがとうございました!