【我が家にないもの】柔軟剤【使ったことない】

こんにちは、トリ子 (@kokeko101) です。

 

 

タイトルにもありますが、私は洗濯するときに柔軟剤を使ったことがありません。

 

今回は、

  • 私が柔軟剤を使わない・持たない理由
  • そもそも柔軟剤を使う意味
  • 柔軟剤を使わないメリットデメリット
  • 柔軟剤を使わない生活のコツ

について書いていきます!

 

柔軟剤を使わない・持たない理由

これは単純でして、ずばり「実家で使っていなかったから」です。

 

それで特に問題を感じていなかったので、そのまま使っていないという感じですね。

逆に実家で使っていて、なんとなくそのまま自分でも使っている・・・という人もいるのではないでしょうか?

 

実家で使っていたのは、アリエールやトップなどの「よく落ちる」系の洗剤だったり、エコを意識していたときには石けんだったりしました(これは冬場なかなか溶けなくて挫折していたようです)。

兄と弟がいたのと母子家庭だったのとで、とにかく効率重視な面もあったかも。

 

 

そもそも柔軟剤を使う意味って?

そんなわけで柔軟剤を使用したことがないため、なんで使うのかイマイチわかっていませんでした。

 

このブログを読んでいる方の中にも、「なんとなく使っているけど、なんのために使っているのかわからない」という人がいるかもしれませんね。

 

ちょっと調べてみましたよ~

柔軟剤の効果って?
柔軟剤がお洋服にどのような効果をもたらすのか、レノアが教えます。

 

  1. 洗濯物が柔らかくなる
  2. 香りがつく
  3. 消臭・防臭効果があるものも
  4. 速乾
  5. 静電気・花粉ガード
  6. 洗濯物を長持ちさせる

 

ざっとこんな感じです。

 

1の「洗濯物が柔らかくなる」は、柔軟剤のイメージ通りですね。

2と3は、洗剤と何が違うのかな?もっと強力なのかな?という感じ。

4、5、6は「へえ~」と思いました。特に速乾は知らなかったです。なんですぐ乾くんだろう?

 

柔軟剤の成分についてはこのサイト

日本石鹸洗剤工業会 石けん洗剤知識 洗濯
石けん・洗剤について、身近な暮らしの情報から、安全・環境の話など、これは便利という情報を満載。国内大手メーカーのほとんどが加盟する団体のページです。

を見てみました。基本的にはコーティングしてるんですよね。

 

シャンプー→洗剤

コンディショナー→柔軟剤

 

みたいな役割とイメージするとわかりやすいかも。

 

だとすると、柔軟剤を結構な人が使う理由もなんかわかる気がします。

 

 

柔軟剤を使わないメリットデメリット

柔軟剤をなんのために使うのか理解できたところで、私のように柔軟剤を使わない生活をするメリットとデメリットをあげてみます。

基本的に柔軟剤を使えば先ほどの効果が期待でき、使わなければ効果が得られませんよっていう話です。

 

何度も言いますが私は柔軟剤を使用したことがないので、柔軟剤のあるなしの比較ができません。そのため、ちょっと想像も入っています^^;

 

<もう一度おさらい!柔軟剤の効果>
  1. 洗濯物が柔らかくなる
  2. 香りがつく
  3. 消臭・防臭効果があるものも
  4. 速乾
  5. 静電気・花粉ガード
  6. 洗濯物を長持ちさせる

 

 

柔軟剤を使わないメリット

  • 柔軟剤を入れるという手間が減る
  • 柔軟剤を買いに行く手間が減る
  • 柔軟剤を選ぶ手間が減る
  • 柔軟剤代が浮く
  • 香りが強すぎない(はず)(?)

 

柔軟剤を使わないデメリット

  • ふわふわ感が弱い
  • 香りが弱い(香りが好きな人にとっては)
  • すぐごわごわになる
  • 乾きにくい(?)

 

 

柔軟剤を使わない生活のコツ

みなさんが柔軟剤を使う大きな理由は「香り」「ふわふわ感」だと思うので、それらを私がどう対処しているかご紹介します。

 

香り

香りについては2方向からのアプローチが考えられます。

  1. そもそも汚れをなくして、変な臭いをさせないようにする
  2. 服に良い香りをつけたい

の2つです。

 

1つめについては、基本的な方法ではありますが

  • 脱いだらすぐ洗う(洗えないときや汚れがひどいときは予洗いする)
  • 外で乾かす

の2つが有効ですね。

 

私は現在マンションの1階住まいなので、分厚い洗濯物以外はすべて部屋干しですが、なんとかなっています。

その理由のひとつが、溜めないですぐに洗濯することかなあと思っています。1人暮らしだと1週間分とか溜めがちですが、良くないですね。可能なら外で日光に当てるとなお良いです。

 

あとは私は女なので、男の人と比べたら汚れにくいのかもしれません。最近は食事に気をつけて内側から臭いを撲滅しようとしています(笑)

 

 

2つめの香りをつけることに関しては、柔軟剤じゃなくて洗剤からでも香水からでも、なんでも方法はあるかと思います。

 

ていうか、ロングヘアでいい香りのシャンプーを使っている人なら、それだけで結構香っているはず。

 

私自身はショートだし、シャンプーも極力香りのないものにしているし、洗剤もほぼ香り残していないです(慣れただけで何かしてるかもしれませんが)。

香りのないのがこだわりというか、そっち派の人間ですね。

 

香害にならない程度であれば個人の自由なので、「どうしてもこの柔軟剤の香りがすき!」って人は無理にやめなくてもいいと思いますよ。

 

▼ ちなみに人の柔軟剤でいいなと思ったやつはこれです

  

 

ふわふわ感

正直に言うと柔軟剤のふわふわ感がよくわかっていないので、ふわふわに仕上げる方法がこれといってあるわけではなく(笑)

 

柔軟剤以外だと、こんな方法があるみたいです。

洗濯物をふわふわにする方法!衣類やタオルのゴワゴワ防止のコツは? [洗濯] All About
タオルや衣類をお洗濯した後の仕上がりがふわふわしていたら、使うときに気持ちいいですよね。赤ちゃんがいるならなおさらです。ゴワゴワ対策とふわふわ化のコツ&ワザを覚えておきましょう。柔軟剤を使わない方法もご紹介します。

 

洗濯物が洗い終わったらすぐ出すようにはしていますね。臭い防止の面でもそうした方がいいです。

 

知り合いの家のタオルがごわごわだったので原因をつきとめようと観察していると、めっちゃ洗う(洗い2回すすぎ3回とか)しめっちゃ脱水してました。あとそれは(関係ないかもしれないけど)ダイソーのタオルだった(笑)

 

洗いすぎはゴワゴワの元になる気がします。だって柔軟剤は繊維をコーティングしていたわけなので。

そういう洗いすぎる人たちの衣類は、おそらく購入時に元々されていたふわふわ加工も落としてしまっているのではないかな?

 

我が家はスピードコース(洗い10分すすぎ1回脱水3分)とかですが、十分部屋干しで乾いてますし、洗剤の残りも感じません(すすぎ1回OKな洗剤をやや少なめに入れています)。

 

あと衣類の総量が少なくてしょっちゅう洗うので、ざざっと洗いで良いのではないかな~とゆるい感じです。ミニマルライフばんざい。

 

 

まずは「試しに」やめてみる

いかがでしたでしょうか。

 

今回は

  • 私が柔軟剤を使わない・持たない理由
  • そもそも柔軟剤を使う意味
  • 柔軟剤を使わないメリットデメリット
  • 柔軟剤を使わない生活のコツ

について書いてきました。

 

もし今柔軟剤を使っていて、「やめたいな」と思っているのであれば、それはまず「試しに」やめてみるといいと思います。

何気なく使っていただけなら案外なくても平気かもしれないし、やっぱりないとだめだった!とか、やめたらすごい臭いがして、普段の汚れが全然落ちてなかった!とか^^;、新たな発見があるかもしれません。

 

あとはやはり洗濯環境(部屋干しor外干し)や家族構成にもよりますね。

 

 

家事も毎度毎度実験です~

自分の暮らしに合った洗濯スタイルを見つけられますように♪