ズボラな私でも、下着の手洗いを続けられた理由

こんにちは、トリ子 (@kokeko101) です。

 

 

先月、ちーちょろすさんのコンサルを受けました。

 

ちーちょろすさんというのは、下着販売員のご出身で(店長経験も!)現在はフリーで下着に関する悩み相談を受け付けたり、フィッティングをしてくれたりと対面/ネットで活躍されている方です。

 

コンサルのレポートは書く書く詐欺してまだ書いていないんですが、それから実践していることがいくつかありまして、その1つが「下着の手洗い」です。

 

 

これまでも彼女のツイートを見てたまに手洗いしていた私ですが、ネットを使って洗濯機で洗うこともしばしばありました。

 

割合でいうと、手洗い3割、洗濯機7割というところですかね~。

 

一度でも洗濯機を使ってしまうと型崩れの原因になるそうなので、私の3割の努力はなんとも虚しい結果に終わっていたのであります。

 

 

1か月下着の手洗いを続けられました

 

そんな私ですが、コンサルを受けてから洗濯機での下着洗濯はなんと「0回」です!

 

 

ちーちょろすさんのコンサル受けて1か月。ということは、毎日手洗い続けて1か月!

何かまた新しいこと1か月続けよ。

 

 

正直言って、コツコツ続けることは全く得意ではありません。

 

宿題はギリギリまで溜めておくし、ダイエット本は買うだけ買ってそのうち忘却の彼方へいってしまうし・・・

 

でもそんな私でも、手洗いを1か月続けることができました。

 

 

下着の手洗いを続けられた理由3つ

ということで、どうして手洗いを続けられたのかを考えてみました。

 

私と同じように、下着を手洗いしたいけどどうにも続かない!という人の参考になればいいなと思います。

 

 

考えてみると、この3つの理由が思い浮かびました。

 

  1. 新しい下着を買った
  2. 下着用の洗濯ネットを処分した
  3. 入浴と手洗いを同時にした

 

順番に説明していきます。

 

 

新しい下着を買った

私が下着の毎日手洗いを始めたのはちょうど1か月前、ちーちょろすさんの対面コンサルを受けたときです。

 

このときサイズが変わったこともあり、気に入った下着を2枚購入しました。

 

 

先ほども書いたのですが、下着は一度でも洗濯機で洗ってしまうと手洗いの意味がほとんどなくなってしまいます。

 

 

私はこれまでたまに手洗いを実践してはいましたが、心のどこかで「でもどうせ、何回も洗濯機で洗ってしまったからな~」という気持ちがありました。

 

手洗いしなくてもいい言い訳を作ってしまっていたんです。

 

 

新しい下着を買ったことで、その言い訳は使えなくなりました。

 

それ以来、今のところ「一度でも洗濯機に入れたらアカン!!」という気持ちで毎回洗濯できています。

 

 

一度してしまったから、もういいや!(→洗濯機で洗ってしまう)

 

一度したらだめだから、がんばる!(→手洗いをする)

 

 

「一度でも」というところがポイントだったのかな、と思います。良いようにも悪いようにも行動のきっかけを作れるので、気にしてみてください。

 

 

下着用の洗濯ネットを処分した

そうは言っても、「一度でも洗濯機に入れたらダメ」という事実だけできちんと守れるほど(少なくとも私は)ちゃんとした人間ではありません。

 

疲れた日だったら、他のものと一緒に洗濯機でいいや~、となりかねません。

 

 

そこで同時に行ったのが、「下着用の洗濯ネットを捨てること」でした。

 

▼ こういうブラジャー用のやつです

 

 

これがなければ、そもそも洗濯機で洗濯しようにもできません。

 

さすがにネットなしでそのまま洗濯する勇気は私にはなかったので、効果ありました。

 

 

洗濯機では洗濯できないので、手洗いするしかないです。そして溜めると、付ける下着がなくなります(笑)ので、半強制的にやる感じですね。

 

下着の枚数は、今かなり少ないので数日でも溜めたら大変なことになるんです^^;

 

 

習慣化するまで、他の選択肢を残さないようにするとやりやすい(というか、やらざるをえない)です。

 

 

ちなみに私はケチなので、洗濯ネットは今実家にあります(笑)

 

でも実家でもきちんと手洗いしているので、ブラ用ではなく小物用の洗濯ネットとして使おうかなという感じですね。

 

 

入浴と手洗いを同時にした

そうは言っても手洗いはやっぱり面倒です!慣れていないから余計ですね。

 

いまだに、できることなら洗濯機で洗いたいと思ってますもん。他の服は洗濯機だし。

 

 

面倒だからといって洗濯物を溜めてしまうと、もっと面倒になることは何となく想像がつくかなと思います。

 

 

解決策としては「日常のルーティーンに組み込むこと」です。

 

 

月並みな方法ですが、私は入浴と同時に手洗いをしています。

 

服を脱いだら下着を持って一緒にお風呂場に行くということですね。

 

 

入浴と同時なので、さほど苦になりません。

 

 

一人暮らしの場合なら、浴槽の中に入れてしまってもいいですね。温まりながら一緒に洗ってます(笑)お湯の方が汚れも落ちやすいですし。

 

そうでない場合は、洗面器へ。私も親戚の家や実家では、さすがに浴槽にはつけず洗面器で洗っています。

 

 

私は今大きなタオルを使っていないので、タオルドライはせず軽く水を切って干しています。

 

干す場所ですが、私は一人暮らしでお風呂場に干しているので、水が垂れてくることはさほど気にならないです。実家では下にタオルを置いています。親戚の家には屋根付きの広いベランダがあるので、こちらも大丈夫。

 

 

1日あれば部屋干しでも今のところ雨の日でも乾いていますよ。梅雨どきはちょっとわかりません。雨の日はお風呂場の換気扇(乾燥ではないです)を回すこともありますが、大抵回さなくても乾いていますね。

 

 

手洗いの継続は思ったより簡単だった

 

  1. 新しい下着を買った
  2. 下着用の洗濯ネットを処分した
  3. 入浴と手洗いを同時にした

 

以上3つを意識したことで、私は下着の手洗いを続けられたのかなと思っています。

 

 

月単位で何かを継続できたことがほとんどないので、すごく嬉しいです。

 

 

下着の手洗いに限らず、習慣化するコツがあることがわかりました。

 

それはさきほど意識した3つに照らし合わせれば、こんな感じでしょうか。

 

  1. 新しい下着を買った → 習慣化するきっかけを作る
  2. 下着用の洗濯ネットを処分した→ やらざるを得ない状況を作る
  3. 入浴と手洗いを同時にした → やりやすいよう日常動作と結び付けてルーティーン化する

 

 

1は、新しい下着を買ったこともそうですが、ちーちょろすさんの対面コンサルを受けて下着に関する知識が増えたこと、それによって「下着を大切にしよう」という思いがより強まったことが何よりのきっかけだったと思います。

 

これまで何度も、新しい下着を買って始めるきっかけはあったわけですからね。

 

習慣化するには、「やりたい!」と思う気持ちを強くすることも大事なんだなあ。

 

 

special thanks! ちーちょろすさん

今回のブログ記事のトップ画像は、ちーちょろすさんより画像をお借りしました^^

自分の下着を載せるわけにもいかないし、下着屋さんの画像を取ってくるのはアウトなのでとても助かりました。ありがとうございました。そしてかわいい・・・!

 

 

ちーちょろすさんの各種SNSです

 

周りの人のリアルな声も一緒に聞けるので、特にTwitterのちーちょろすさん周辺はおすすめです。

 

▼ ちーちょろすさん流の手洗い方法はこちら

超めんどくさがりな私が続いてる、手洗い方法|ちーちょろす|note
下着を手洗いなんて、めんどくさいと思うよね。 私だって、めんどくさい。 でも、しんどくてもめちゃくちゃ疲れてても、彼氏が泊りに来ていても、 私は2日に一度は必ず下着を手洗いする。 それは、下着を綺麗に着たいからっていうのもあるけど、もはや「習慣」になってるから。 なので今日は、私が手洗いを習慣化させた「手...

 

結構かぶっている部分もあるかもです。でも私の方が湯舟と同時だから、さらにズボラかな(笑)

 

 

お読みくださり、ありがとうございました!