大掃除をしたいのに家族や恋人が邪魔!試してほしい対処法3選

せっかくのお休み、家をきれいにしたいですよね。

 

ちょうど今GW真っ最中なので、この時間を活かしてきれいな家にできたら良いですね。

 

 

▼    こんな記事も書きました

【GW】ゴールデンウィークに掃除をするべき6つの理由
待ちに待ったゴールデンウィーク!楽しむのもいいけれど、身の回りを「掃除」で整えませんか。

 

上の記事を書いていて、

 

「そうは言っても家族も休みで家にいて掃除なんてできない!」

 

という世の中の声が聞こえた気がしました。

 

 

私は現在一人暮らしなのでやりたいときに掃除ができるのですが、家族・恋人・ルームシェアの相手など、誰かと住んでいるとそうはいきませんよね。

 

実家にいた頃は、まったく手伝いをしなかった記憶があります。それどころか、母親に掃除機をかけさせているのに座ったままどきもしないという(笑)

 

 

今回は「私が誰かと今後住んだら、こうするかなあ」という視点で、対処法を考えてみました。

 

ちなみに、掃除をしないというのはナシですよ

先ほど紹介した記事でも書いているのですが、定期的な掃除はした方がいいと思っています。

 

時間がとれるときに、普段できない場所の掃除をするのも絶対した方がいい!

 

「やろうかな」と思えた時点で素晴らしいです。

 

ぜひ、その気持ちを周りの人につぶされないように上手くやってください。

 

 

 家族や恋人がいても大掃除をする方法3つ

私が考えた対処法は以下の3つです。

 

  1. 掃除をする人以外の家族に出かけてもらう
  2. 掃除をイベントととらえて、みんなで分担してやる
  3. 掃除がだめなら断捨離(片付け)をする→たぶん掃除もしたくなる

 

 

掃除をする人以外の家族に出かけてもらう

お父さんが子どもを連れだして遊んでいる間に、お母さんが掃除する(あるいは、その逆)

 

……という、おそらく一般的な方法です。

 

 

仲良しグループがあれば、交代で子どもを預かるというのもありですね。

 

相手が大人の場合(夫婦だけ、恋人など)は、掃除をしないなら少し外出するようにお願いしましょう。本当なら、一緒に掃除してほしいですけどね……!

 

 

この方法のメリット

○ 掃除をするのが自分(と数人)なので、自分のしたいように掃除ができ、はかどる

→ もたもたされるのがイヤな人や、こだわりのある人におすすめです。

 

この方法のデメリット

○ 掃除をする人以外は掃除の苦労を知らないので、平気で汚してくる可能性がある

○ 掃除する人がいなくなったときに、誰も掃除できなくて困る

→ 私も自分で掃除するようになって初めて、掃除する場所の多さや大変さを知りました。やらないとわからないこともあると思うので、こだわりのない人はなるべくみんなでやることを推奨します。

 

 

掃除をイベントだととらえて、みんなで分担してやる

テーマパークに行くような気持ちで、「今日は掃除の日!」とみんなでやってしまいましょう。

 

 

あらかじめ相手に伝えておくのがポイントかなと思います。

 

急に「今日掃除するよ」と言われても正直困りませんか?

 

……急に「今日ディズニーランド行くよ」だったとしても困りませんか?(私だけかな?)

 

 

先に約束を取り付けておけば、行動に結びつきやすいです。だってやるって言っちゃったし。

 

 

こんな日の夜はご褒美にみんなでお疲れ外食やデリバリーもいいかもですね。

 

あるいは外の混雑を避けて、きれいになった部屋で映画鑑賞なんかもいいな~。

 

 

 

この方法のメリット

○ 分担して掃除をするので、楽になる(かもしれない)

○ みんなが掃除できるようになる

○ 掃除の大変さがわかるようになるので汚しにくくなる

→ 少なくとも私はなりました。

○ みんなで同じ行動をすることで、連帯感が生まれる

 

「せっかくの休みだからみんなで何かをしたい」というだけなら、別にディズニーランドに行かなくても、一緒に掃除をしたら良いのです。

 

 

この方法のデメリット

○ 慣れない人が掃除する場合、時間がかかったり手間がかかったりする

→ できるようになるまでは気長にいきましょう。普段忙しいときではそうもいかないかもしれませんが、時間があるときであれば、積極的に任せてみましょう。

 

 

掃除がだめなら断捨離(片付け)をする

掃除がだめなら、まず断捨離(片付け)から始めてみてはいかがでしょうか。

 

掃除はほこりなどをなくしてきれいにしますが、片付けや断捨離は「物」をなくしてきれいにする感じです。

 

まず自分にとって身近な「物」から始めることで、最終的に掃除をしてきれいにしたくさせる作戦。

 

 

この方法のメリット

○ みんながいる場で行うことで、勝手に捨てられた!問題がなくなる

→ お母さんが捨てちゃった~!みたいなこと、ありませんか?

○ 根本的に物が減る

→ 掃除ではきれいになっても物が減ったわけではないので、窮屈感みたいなものは変わりませんが、物を捨てるとそもそもスペースが発生するので、成果がわかりやすいかなと思います。

 

【執筆中】物を減らすメリットについては、また記事にいたします。

 

 

この方法のデメリット

○ 掃除までたどりつかないかもしれない

→ 最終的に掃除に持っていく、と言いましたが、実際持っていけるかどうかは腕が試されます(笑)普段片付けもしていない場合は要注意。思い出の箱を開けてしまい、ダラダラ思い出にふけって掃除もせずに終わる……ということにならないように気をつけてください^^;

 

 

家族や恋人がいても、掃除をしてきれいな部屋を保ちましょう

他人と住むというのは大変ですよね。

 

実家に帰ったとき・親戚の家におじゃましたとき・恋人の家に行ったとき……ほんの数日だとしても、そこそこ疲れます。

 

普段から一緒に住んでいるみなさんは、↑上のように一時的な生活よりも、一緒にいる分慣れももちろんあるはずです。でもきっとどこかでストレスを抱えてしまっているところもあるのかなと。

 

 

大体掃除や片付けの問題は、住人間で意識が違ったり、共通の理解をしていないことが原因です。家にいて邪魔だなあ、と感じるようであれば、まず顔を合わせられる状況ということですから、話し合いから始めるのもいいかもしれません。

 

【執筆中】機会があれば、他人に片付け(行動)してもらうにはどうしたら良いのか?というお話もしたいなあと思っています。

 

 

今回は以上です。

 

お読みくださり、ありがとうございました。