収納は使う頻度で仕分けすれば簡単!私の実例も紹介します

こんにちは、トリ子 (@kokeko101) です。

 

私は現在、収納(押入れやクローゼット)が全くない家に住んでいます。

備え付けの収納は台所の下だけ。それもミニキッチンなので、かなり狭いです。

 

そんな中で、ごちゃごちゃせずに・便利に片付けるにはどうしたら良いんだろう?と考えてきました。

 

「使う頻度で収納を変える」という方法が、自分の中でしっくりきたのでご紹介します。

 

使う頻度で簡単に仕分けしよう

持ち物を次のように仕分けします。

 

  • a. 毎日使うもの
  • b. 週1くらいで使うもの
  • c. 月1くらいで使うもの
  • d. 月1も使わないもの
    • d-1. ないと困るもの
    • d-2. なくてもいいもの
  • e. ストック

 

 

使う頻度別・収納の考え方

仕分けはできましたか?

では、それぞれ具体的にどのように収納していけばいいのでしょうか。

 

a. 毎日使うもの

毎日使うものは、しまい込むといちいち出すのが面倒です。

基本的に「見せる」つもりで、出しっぱなしにするのがオススメ。

 

私の場合だと、化粧道具はここにあてはまります。

こんな感じで、無印良品の「壁に付けられる家具」を利用しています。

▼ 参考記事

【無印良品】壁に付けられる家具@ひとり暮らし賃貸
無印良品「壁に付けられる家具」ひとり暮らし賃貸の使い方/賃貸でもいける?/地震対策について/購入はロハコ推し

 

 

b. 週1くらいで使うもの

毎日使わなくても、1週間に1回は使うものも、見えるところにしまっていいと考えます。

私の家は収納がないので、このくらいまで許容しています。収納がある家の場合、毎日使うもの以外はしまってしまっても良いかもしれません。

 

私の場合、あてはまるのは洋服です。数が多くないので、大体週に1度はすべての服を着ていると思います。

ジーンズは週2~3で着ているので、どちらかというとaに分類されるかも^^;

 

 

c. 月1くらいで使うもの

月に1回程度になってくると、出しっぱなしにするごちゃつき感が、すぐ出せる便利さを上回ってくる気がします。なるべくしまってしまうのがいいでしょう。

 

 

d-1. 月1も使わないもののうち、ないと困るもの

全然使わないのだけど、ないと困るものもあるかと思います。捨てられれば話は早いですが、捨てるに捨てられないもの・・・思い出関係のものなど、とっておきたい方もいるでしょう。

あるいは夏場の羽毛布団など、季節外のもの。

 

こういったものは、見せないように収納することをおすすめします。ただし、中に何があるかわかるくらいまで中身を整理してからにします。「普段は全然使わないけど、必要になったらすぐ出せる」という状態が理想です。

 

私の場合、保証書とかはこれにあてはまります。ファイルにまとめて、奥にしまってあります。

 

d-2. 月1も使わないもののうち、なくてもいいもの

これは処分を検討しましょう。

しまい込んでも、存在を忘れるだけですし、場所もとります。

 

 

dにあてはまるものは、こまめに整理しよう

はじめは「ないと困る!」と思っていたもの(d-1)も、整理したり時間が経ったりすると「いらないかな」と思い始める(d-2)かもしれません。

 

dにあてはまるものは、普段あまり使わないからこそ、定期的に見直すといいですね。

 

無理に捨てず、自分の中で「いらない」とはっきりしてから処分すると、後悔も少ないと思います。

 

 

e. ストック

ストックを持つかどうかは、

  1. どのくらいで使い切っているか?
  2. すぐにストックがないと困るのか?

の2点で判断すると良いです。

 

使い切るのに3か月かかるもののストックを2本も3本も持つ必要ないですよね。全部使い切るのに半年以上かかってしまいます。

 

また、使い終わったあとすぐにストックがないと困るのかどうかも、ストックを持つかどうかの基準になります。

 

 

私の場合、例として洗剤について考えてみると

 

  • どのくらいで使い切っているか?→1か月はかかっていると思う
  • すぐにストックがないと困るのか?→近くにドラッグストアがあり、すぐに買える。1日くらい洗濯しなくても問題ないし、石鹸で手洗いすることもできる

 

ということで、洗剤のストックは持たず、使い終わったら買えばいいんだな、ということがわかります。

 

これは住んでいる環境(家からお店までの距離)や、仕事の忙しさ、お子さんがいるかどうか(買い物大変ですよね)にも左右されるので、自分の状況に合わせて判断していただければと思います。

 

 

簡単ルールで、ストレスのない片付けを!

いかがでしたでしょうか。

 

今回は、使う頻度で収納を変える方法について書いてきました。

一言でいうと、「よく使うものほど出して、使わないものはしまう」という単純な理論です。

 

これを実践するだけで快適な暮らしが送れると感じています。さらに、使わないもののうち、いらないものは思い切って処分しましょう。

 

みなさんの快適なお部屋づくりの参考になったら幸いです^^

 

 

お読みくださり、ありがとうございました!

 

▼ 応援クリックお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ
にほんブログ村